マツダデミオの外観

出典: https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

【マツダ・デミオ】新車購入のすべて!知っておきたい最新チェックポイント

マツダ・デミオを新車で購入しようと考えている方に向けて、現行型デミオについて、さまざまな角度からご紹介させていただきます。現行型のデミオは2014年に登場した4代目です。すでにモデル末期に入っていますので、次のフルモデルチェンジがいつなのか、どう変わるのか、いろんな憶測情報も飛び交っています。けれども、その一方で現行型デミオは、ガソリンエンジンがそれまでの1.3リットルから1.5リットルに格上げされ、走りがさらによくなっています。熟成されたこのクルマは、今後、ある程度値引きも期待できるようになるかもしれません。いよいよ買い時になってきたといえます。そんなデミオのことを、じっくり見ていくことにしましょう。

現行型デミオの概要は?

デミオはコンパクトカーの次元を引き上げた!

デミオは、1996年に初代がデビューしてから、ずっと実用車として評価を高めてきました。

そんなデミオが次第にカッコいいクルマに変わっていきました。

そして2014年に現行の4代目デミオ(DJ系)がデビューしたとき、国内外の人々が驚きました。

ハッと振り返りたくなるほど美しく、しかも走りがよかったからです。

現行型デミオは、間違いなく、日本のコンパクトカーの次元を引き上げたといえます。

デミオには、クラスを超えた存在感があります。

難点は、値引きが期待できなくなったこと。

マツダのブランド戦略や、マーケットでの人気の高まりが背景にあります。

そんなデミオがいま、モデル末期を迎え、より走行性能を高め、特別仕様車も拡充させてきております。

モデルチェンジ情報

デミオのフルモデルチェンジは2020年と予想されています。

いろんな情報が飛び交っておりますが、次のような方向で5代目デミオはデビューしそうです。

  • 外観は4代目のデザインコンセプトを踏襲する(つまり大きく変わらない)。
  • 内装は2018年の4代目マイナーチェンジの流れを深化させる(より上質をめざす)。
  • ガソリンとディーゼルの両エンジンの長所をかけあわせた、新型ガソリンエンジン「スカイアクティブX」搭載モデルが加わる。

外観が劇的に変わることはなさそうですので、現行の4代目デミオの市場価値が極端に下がることはなさそうです。

上位モデルには「スカイアクティブX」エンジン搭載モデルが加わります。

このエンジンは、ディーゼルエンジンのように燃費が良く、トルクが太いです。

同時に、従来のガソリンエンジンのように高回転域まで伸びやかに回ります。

だから、燃費がよくて、走りもいいデミオが現れそうです。

>>デミオのモデルチェンジはこちら

>>現行デミオの納車状況はこちら

 

カッコいいデミオ!

現行デミオには、いくつかの際立った特徴があります。

第1に、それはカッコいいデザインです。

マツダは「魂動(こどう=SOUL of MOTION)」というデザインテーマを掲げ、全車種を躍動感のあるスタイルへと磨き上げています。

いちばん小さなクルマであるデミオの場合は、全長が短いので伸びやかなデザインにはしづらいです。

けれども、マツダは、ネコ科の野生動物がこれから疾走しようとする瞬間の筋肉質なかたちをデミオに与え、成功しました。

見るからに、俊敏そうなクルマになりました。

カラーも兄弟車種と同様、ソウルレッドなどの高品質なものがそろいました。

さらにマツダは、クラスを凌駕して大きなクルマたちにも引けを取らないインテリアをデミオにほどこしています。

ゴージャスではありませんが、センスがいいです。

ただし、デザインを重視していることもあって、デミオの室内はお世辞にも広いとはいえません。

こうした点について、下記の記事をご参照ください。

>>デミオのサイズ感はこちら

>>デミオの外寸・外装はこちら

>>デミオの色選びはこちら

>>デミオの内装・内寸はこちら

>>デミオの後部座席・荷室はこちら

 

走りが最高のデミオ!

デミオの第2の特徴は、走りのよさです。

低重心の運転席に身を沈めてハンドルを操ると、俊敏に反応してくれます。

エンジンタイプは2種類あります。

1.5リットル ディーゼルエンジン

最高出力:110ps(81kW)/6000rpm
最大トルク:14.4kg・m(141N・m)/4000rpm

マツダは、このクラス唯一のディーゼルエンジン搭載に成功しました。

クセのないディーゼルエンジンは、ディーゼル特有の太いトルク感でこのクルマをぐいぐい引っ張ります。

燃費は、JC08モードで 26.4km/リットルになります。

1.5リットル ガソリンエンジン

最高出力 110ps(81kW)/6000rpm
最大トルク 14.4kg・m(141N・m)/4000rpm

デビュー当時は、ディーゼルエンジンのほうが注目されたのですが、2018年のマイナーチェンジでガソリンエンジンのほうも1.3リットルから1.5リットルに格上げされました。

新しい1.5リットルのガソリンエンジンは日常的に使う低中回転域でトルクが太く、走りに余裕があります。

アクセルペダルを踏みこむことが減るので、燃費も向上しました。

このため、いまではディーゼルよりも、ガソリンエンジンのほうが人気があるくらいです。

デミオを購入するなら、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンのどっちを選べばいいのでしょうか。

ユーザーはおおいに悩むことになりました。

デミオの走りについて、くわしくは下記の記事をご参照ください。

>>デミオの試乗評価はこちら

>>ディーゼル vs ガソリンはこちら

>>デミオのスペック・乗り心地はこちら

>>デミオの燃費はこちら

 

安全性能は? リコール・不具合は?

デミオの第3の特徴は、その高い安全性能にあります。

マツダ・デミオは、2017年11月の改良で、安全性能をこのクラスのトップレベルまで引き上げています。

それまでは時速30km以下、そしてクルマに対してしか自動ブレーキが作動しませんでした。

しかし改良後には、歩行者も検知式できる高性能自動ブレーキ「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」など、通常はオプション装備になることが多いさまざまな先進安全装備を、標準装備にしました。

いま、デミオはすべてのクルマが、コンパクトカーではトップレベルの安全性能を持っています。

くわしくは、下記の記事をご参照ください。

>>デミオの安全性能はこちら

>>デミオの不具合・リコール情報はこちら

 

現行型デミオの評価は?

現行型デミオに対する口コミ評価はどんな感じなのでしょうか。

全般的な口コミ評価は?

主要な自動車関連サイトにどんな口コミ評価が寄せられているのか、調べてみました。

先代モデルなどと区別して4代目デミオに限定してチェックできる主要サイトは、下記のところです。

どちらでもデミオについては、ほかのコンパクトカーに比べて、総じて高い評価が集まっています。

価格.com

ユーザー評価 満足度4.35

現行型デミオに対するユーザーの満足度は、5段階評点で4.35でした。

2019年5月20日時点での平均点です。

満足度評価の回答は現行型に限ってみると448件でした。

現行型デミオの口コミ評価については、こちらのページに掲載されています。

ご参考までに、デミオのライバル車(現行型)には、次のような評点が付けられています。

価格.comに寄せられた現行型への満足度の平均点(カッコ内は回答者数)

車種 満足度
スズキ・スイフト 4.22( 89件)
トヨタ・アクア 3.80(338件)
トヨタ・ヴィッツ 3.65( 81件)
日産 ノート 3.79(181件)
ホンダ・フィット 4.10(132件)

※ 車種名をクリックすれば、別画面で該当ページが表示されます

ナビクル

ユーザー評価 満足度3.9点

エイチームライフスタイル(名古屋市)が運営する自動車サイト「ナビクル」でも、現行型モデルに絞ってユーザーから寄せられた口コミ評価の平均点を公開しています。

それによると、現行型デミオの総合評価点は、2019年5月20日時点で3.9点でした。

このデータは、301件の回答をもとに集計されています。

詳細は、こちらのページに掲載されています。

ご参考までに、デミオのライバル車(現行型)には、次のような評点が付けられています。

ナビクルに寄せられた現行型への満足度の平均点(カッコ内は回答者数)

車種 満足度
スズキ・スイフト ---(    0件)
トヨタ・アクア 3.9(1140件)
トヨタ・ヴィッツ 3.8( 416件)
日産 ノート 3.9( 422件)
ホンダ・フィット 4.0( 453件)

※ 車種名をクリックすれば、別画面で該当ページが表示されます

現行型デミオの口コミ評価については、下記の記事でくわしくご紹介しております。

>>デミオの口コミ評価はこちら

 

現行型デミオの経済学

デミオ購入にかかる大まかな予算は…

現行型デミオを購入する場合、どのくらいの予算がかかりそうでしょうか。

マツダは公式サイトでは、デミオ購入のシミュレーションができるようになっています。

そこで、公式サイトで購入シミュレーションを試してみました。

下記のシミュレーションには、実際のディーラーで値引きしてもらうプロセスが入っていませんので、あくまでも目安という程度です。

ただ、ざっくりとした必要予算が見えてくると思いますのでご参照ください。

いちばん安い新車デミオはいくら?

15C(最もシンプルなガソリン車)

支払総額=1,609,810 円(うち消費税107,853円)

現行型デミオでいちばん安いグレードを、いちばん安い前輪駆動(FF)で選択し、オプションを何もつかなかった場合、ざっくりとした総支払額はこの金額になります。

このクルマの車両本体価格は税込み1,393,200円です。

2019年5月時点でシミュレーションしましたので、自動車税の支払額は11カ月分となっています。

ボディカラーとしては、追加料金がかからない「ジェットブラックマイカ」を選択しております。内装は、自動的にブラッククロスとなります。

ガソリンエンジンは、グレードに関係なく、1.5リットル110馬力です。

トランスミッションは6速ATです。

いちばん安いといっても、前述のとおり、デミオの場合は自動ブレーキなどの先進安全技術が標準装備されてます。

+ 詳細はこちらをクリックしてください

車両本体価格
1,393,200円

メーカーセットオプション価格 0円
ショップオプション価格 0円
ボディカラー
ジェットブラックマイカ 0円

諸費用合計
216,610円

税金保険料 137,180円
リサイクル費用 10,330円
登録諸費用(参考価格、消費税込) 69,100円

税金・保険料内訳
・自動車取得税 34,800円
・自動車重量税 36,900円
・自賠責保険(37ヶ月) 36,780円
・自動車税(5月分) 28,700円

標準装備内容は以下のとおりです。
SKYACTIV-DRIVE
SKYACTIV-BODY
エマージェンシー・シグナル・システム(ESS)
SRSエアバッグシステム(カーテン&フロントサイド)
DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム)&TCS(トラクション・コントロール・システム)
アドバンストスマートシティブレーキサポート [前進時](アドバンストSCBS)&AT誤発進抑制制御[前進時]
スマートシティブレーキサポート [後退時](SCBS R)&AT誤発進抑制制御[後退時]
リアパーキングセンサー(センター/コーナー)
ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)*リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)機能付
車線逸脱警報システム(LDWS)
ヒル・ローンチ・アシスト(HLA)
ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)
ハロゲンヘッドランプ
LEDリアコンビランプ
オートライトシステム
レインセンサーワイパー
LEDドアミラーウインカー
インテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)(スコアのみ)
チルトステアリング
テレスコピックステアリング
フロントシート運転席ラチェットレバー式シートリフター
AM/FMラジオ
4スピーカー
SKYACTIV-CHASSIS
SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS G-ベクタリング コントロール(GVC)
i-stop
ドライブセレクション
15インチスチールホイール
プッシュボタンスタートシステム
電波式キーレスエントリーシステム

デミオの値引き額は?

現行型デミオは、以前は値引きがとても難しかったです。

車両本体価格の値引きは5万円前後が限界でした。

けれどもモデル末期が近づいてきたこともあり、値引き額が若干増えてきています。

車両本体価格を10万円以上値引いてもらったという口コミもかなり増えています。

オプションの値引きは、どれだけオプションを付けるかにも左右されますが、5万円以上の値引きは珍しくありません。

こうしたことから、デミオの値引きは、総額15万円以上をめざしたいところです。

さらに20万円以上ゲットを最終目標に掲げてみてはいかがでしょうか。

最大の値引きをゲットする基本的な作戦については、親サイトの下記の2つの記事でご紹介しております。どちらも1冊の本になるくらいの分量です。よければここで周到な準備をしてからディーラーに突撃してみてください。

新車購入!値引き交渉で最高にゴキゲンな成果をあげるコツ【完全版】 - コンパクトカーでいこう!
新車購入!値引き交渉で最高にゴキゲンな成果をあげるコツ【完全版】 - コンパクトカーでいこう!

続きを見る

クルマを売る!一括査定で余裕資金ねん出!手堅くて納得できる方法とは - コンパクトカーでいこう!
クルマを売る!一括査定で余裕資金ねん出!手堅くて納得できる方法とは - コンパクトカーでいこう!

続きを見る

デミオ購入時に知っておきたいことについては、下記の記事でもっと詳細にお伝えしておりますので、気になる記事をクリックしてみてください。

>>デミオのグレード別価格はこちら

>>デミオの相場・値引き限度額はこちら

>>デミオの税金・諸費用・エコカー減税はこちら

>>デミオの維持費・ローン・残価設定はこちら

>>デミオのリセールバリューはこちら

 

現行型デミオをもっと詳しく!

下記の記事では、現行型デミオのさらにディテールをお伝えしております。

いずれも実際にそれぞれのクルマにじっくり乗ってからまとめておりますので、もしご興味のある記事があれば、クリックしてみてください。

>>AT・MT比較

>>FF・4WD比較

>>タイヤ

>>オプション・パーツ・ナビ

>>アクセサリー

>>オイル交換

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました。

デミオを相棒にして、カーラーフをもっと楽しく豊かなものにしていけるといいですね。

前述のとおり、デミオは購入しないと乗れないというわけではありません。

いまはカーシェアリングで、あなたの近所に相棒のデミオをキープしておくことだってできる時代です。

くわしくは下記の記事をご参照ください。

カーシェアリング徹底比較!個人向けサービスを駆使して豊かに暮らそう - コンパクトカーでいこう!
カーシェアリング徹底比較!個人向けサービスを駆使して豊かに暮らそう - コンパクトカーでいこう!

続きを見る

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

更新日:

Copyright© マツダ デミオ 徹底ガイド , 2019 All Rights Reserved.