トヨタアクアの外観

【マツダ・デミオ vs トヨタ・アクア】走り・広さ・燃費などを比較

マツダ・デミオを購入しようとするとき、同じBセグメントのコンパクトカーとして人気があるトヨタ・アクアのことはどうしても気になります。アクアはモデルの改変期を迎えていますが、いまだに高い人気を誇っています。このクルマは、デミオと同じくらいの大きさです。セダンと同じ低い姿勢で着座するところも似ています。デザインもカッコイイです。そこでこの記事では、親記事「【マツダ・デミオ】ライバル車と徹底比較!走りは?後席 荷室の広さは?」を補完するかたちで、デミオとアクアを徹底比較したいと思います。基本的な大きさから、価格、走り、燃費などまでくわしく整理していきます。2019年末にも登場するとうわさされる次期アクアについてもふれたいと思いますので、どうぞご参照ください。

トヨタ・アクアのデザインはいいね。
そうなんですよね。モデル最晩年を迎えているのに、依然として最先端のデザインという感じです。アクアは、早ければ2019年中にもフルモデルチェンジされて、さらに精悍でカッコよくなるみたいです。
現行型アクアは、走りも滑らかで最先端ですね。
そうなんです。最近のコンパクトカーはフルモデルチェンジしてそれで終わりということでなく、毎年のように熟成されていいクルマに深化していきます。だから、最晩年のモデルでも十二分に買う価値がありますよ。

トヨタ・アクア外観 横

Contents

初のフルモデルチェンジが近づく

2019年末にも次期アクア登場

精悍なエクステリアに変身 ?

トヨタ・アクアは、巨大化するプリウスに代わり、5ナンバーのハイブリッド乗用車として2011年にデビューしました。

2019年末にも初のフルモデルチェンジが実施されるとうわさされています。

次期アクアは、現行型とほぼ同じサイズを維持しながら、居住空間は広くなるもようです。

現行型のデザインコンセプトを踏襲しつつも、より精悍なエクステリアデザインをまとう見込みです。

そして燃費は、新型プリウスの40.8km/リットルを上回り、45km/リットルに迫ることになるでしょう。

ノートe-POWERを凌駕する ?

同じBセグメントのハイブリッドコンパクトカーとして最近は、日産のノートe-POWERが快進撃を続けています。

けれども、次期アクアはノートe-POWERを凌駕する存在となりそうです。

現行型マツダ・デミオにとって強力なライバルになることは間違いありません。

そして2020年に登場するとみられる次期デミオにとっても、宿命のライバルになることでしょう。

現行型アクアはいまも買う価値がある

磨きこまれたよいクルマ

トヨタ・アクアは、このようなわけで現在、モデル改変期に差しかかっています。

だから、これから現行型アクアを購入する場合は、モデル末期であることを踏まえてご検討ください。

それでも私がデミオのライバルとして、ここにアクアの記事をまとめるのは、現行型アクアがいまも素晴らしいクルマだからです。

トヨタは、2011年にこのちっこいハイブリッドカーを投入して以降、改良を繰り返してきました。

その結果、走りが粗くて、内外装もチープ感が濃厚だったアクアが、見違えるほどよくなりました。

走りは、ハイブリッド特有の滑らかさがうまく演出されて、とても上質になりました。

内外装も磨かれました。

このクルマは、もともとデザインが秀逸です。

フロントウインドーを大きく寝かせたフォルムは、このクルマが近未来からやってきたと感じさせてくれます。

だからアクアがいまだにコンパクトカー屈指の販売台数を誇っていることも頷けます。

 

【マツダ・デミオ vs トヨタ・アクア】広さは? 人気度は?

トヨタ・アクア後部座席の広さトヨタ・アクア後部座席の足元の広さトヨタ・アクア荷室の広さ

それでは、マツダ・デミオと現行型のトヨタ・アクアを比べた場合、どのような違いがあるのでしょうか。

まずは大きさなどの基本的なデータをみていくことにしましょう。

 デミオS(FF)アクアS(FF)
現行モデル2014年9月~2011年12月~
タイプハッチバックハッチバック
定員5人5人
全長4,060mm4,050mm
全幅1,695mm1,695mm
全高1,525mm1,455mm
室内長1,805mm2,015mm
室内幅1,445mm1,395mm
室内高1,210mm1,175mm
車両重量1,050kg1,090kg
最小回転半径4.7m4.8m
月間販売台数6,474台15,874台

アクアのほうが低重心のフォルム

デミオも顔負け

デミオはコンパクトカーのなかで、かなり低重心のデザインだといえます。

ところが、そのデミオよりも、アクアはさらに低重心のフォルムをまとっています。

車高がデミオより10cm近く低いです。

とても低重心で、空気抵抗が少ないので、高速安定性に優れています。

近未来の申し子のようです。

ちょっと余談になりますが、このデザインは古びないと思います。

工業デザインの世界では、20世紀前半に、近未来を予感させる流線型が流行したことがあります。

レイモンド・ローウィら、工業デザイナーたちが生み出した流線型の機関車、クルマ、冷蔵庫、トースターなどは、いまも色あせず、人を惹きつけます。

現行型のアクアには、同じような普遍的なデザイン性があります。

すでにモデル末期ですが、現行型アクアは、これからもずっと、街でみんなに「カッコイイ」と感じさせてくれるものを持っているように私は思います。

どちらも狭い室内

室内の広さは、デミオもアクアも、ホンダ・フィットや日産ノートあたりと比べて、狭いほうです。

アクアは、デミオよりも室内長がありますが、その代わりに室内高がありません。

つまり、デミオよりも体を寝かせた状態で座るパッケージングです。

ただ、デミオのユーザーも、アクアのユーザーも、このくらい狭くても許してあげる!と思って買っているのではないでしょうか。

デミオのシートに着座すると、このクルマに包まれて一体になって疾駆するワクワク感を覚えます。

同じように、アクアの低重心のシートに着座すると、このまま近未来の宇宙に旅立つようなカッコよさを感じます。

デジタル感が満載のフロントパネルが、そんな気分を盛り上げます。

どちらのクルマも狭いから、ともに次期モデルでは後部座席や荷室などを広げてくることでしょう。

ただ、どちらも現行型モデルには、広すぎるクルマにはない楽しさがあると思います。

アクアは驚異の販売台数

アクアは、トヨタの販売力に後押しされて、モデル末期のいまも驚異的な販売台数を維持しています。

上の比較表で、販売台数とあるのは、日本自動車販売協会連合会が発表した2019年3月の実績データです。

国内の乗用車全体でみて、アクアは日産ノートに僅差で負けたものの、第2位でした。

モデル末期にこんなパフォーマンスを示すクルマは、なかなかありません。

それに比べると、マツダ・デミオは、販売台数が半分以下です。

デミオのほうが、アクアよりも街で見かけにくい。

ちょっと苦しいですが、デミオにはそんな長所があるかもしれません……。

 

【マツダ・デミオ vs トヨタ・アクア】価格は? 走りは? 燃費は?

トヨタ・アクア外観 前

デミオとアクアを、もっとくわしく比較していくことにしましょう。

いろんなグレードを十把一絡げに比べてもわかりにくくなります。

そこで、廉価グレード、標準グレード、話題のグレードの3つに分けてみました。

燃費については、国交省「自動車の燃費性能に関する公表(平成31年5月1日現在)」から、国交省審査値であるJC08モード燃費値を引用させてもらいました。

廉価グレード デミオC vs アクアL

 デミオC(FF)アクアL(FF)
車両本体価格1,393,200円1,785,240円
エンジン直列4気筒DOHC16バルブ直列4気筒+モーター
総排気量1496cc1496cc
最大出力110ps(81kW)/6,000rpm74ps(54kW)/4,800rpm、モーターは61ps(45kW)
最大トルク14.4kg・m(141N・m)/4,000rpm11.3kg・m(111N・m)/3,600~44,00rpm、モーターは17.2kg・m(169N・m)
トランスミッション6ATCVT(無段変速車)
燃料タンク容量44リットル36リットル
使用燃料レギュラーガソリンレギュラーガソリン
燃費(JC08モード)19.2km/リットル38.0km/リットル

本当に割り切っているアクアLだが…

ウインドウも手動のアクア

デミオの廉価グレードは、「デミオC」です。

一方、アクアの廉価グレードは「アクアL」となります。

どちらも社用車、営業車などを想定している面が強いです。

このため、ともに装備を最小限にとどめ、割り切ったつくりにしています。

ただ、その割り切り方は、アクアのほうが良くも悪くもすごいです。

アクアLは、加工や塗装を最小限ですませて、さらに後部座席の窓をパワーウインドーでなく、手動にとどめるなど、コスト削減に努めています。

アクアは最高水準の燃費効率

アクアLは、車両本体価格が、ハイブリッド車としては相当に安い1,785,240円に抑えられています。

余計な装備をそぎ落としているので、燃費はJC08モードで38.0km/リットルを記録しています。

この記録は、ライバルの日産ノートe-POWERなどに抜かされていません。

この燃費のよさには、デミオCはとてもかないません。

ただ、デミオCは、アクアLよりも車両本体価格が40万円近く安いです。

もしアクアLを購入して、この差額分を燃費のよさだけで取り返そうとするなら、相当に長く乗り続けないといけません。

どんなにアクアLがコスト削減したクルマとはいえ、やはり、デミオCの割安感が光っているといえるでしょう。

デミオCは、ハイブリッド装備をほどこしているクルマではありませんので、車両本体価格がアクアよりもずっと安いです。

廉価グレードについては、個人利用の場合はデミオに軍配が上がりそうです。

甲乙つけがたい走り

パワートレインはどちらもシンプル

パワートレインは、どちらもシンプルな構成になっています。

現行型デミオのパワートレインは、1.5リットルのガソリンエンジンと、1.5リットルのディーゼルターボエンジンの2種類です。

一方の現行型アクアは、1.5リットルのガソリンエンジンにモーターを加えたハイブリッド1種類です。

だから走りの評価は、廉価グレードから上級グレードまで、途中からデミオのディーゼルターボエンジンが加わってくるだけで、基本的にはいっしょです。

走りの味つけはまったく異なる

この走りの比較がとても難しいです。

どちらも走りに余裕があります。

加速時にもたつくこともなく、高速走行時の追い越しなども難なくこなしてくれます。

ただ、走りの目指している方向性がまったく異なります。

デミオは、オーソドックスな内燃機関の駆動によって力強く走ります。

一方、アクアは、モーターの駆動が加わって、実にスムーズに走ります。

どちらがいいかは、好みによると思います。

どちらも非常にいいですので、あとは試乗してあなたの好みを確かめてみることをお薦めしたいです。

標準グレード 1. デミオS vs アクアS

 デミオS(FF)アクアS(FF)
車両本体価格1,490,400円1,886,760円
エンジン直列4気筒DOHC16バルブ直列4気筒+モーター
総排気量1,496cc1,496cc
最大出力110ps(81kW)/6,000rpm74ps(54kW)/4,800rpm、モーターは61ps(45kW)
最大トルク14.4kg・m(141N・m)/4,000rpm11.3kg・m(111N・m)/3600~4,400rpm、モーターは17.2kg・m(169N・m)
トランスミッション6ATCVT(無段変速車)
燃料タンク容量44リットル36リットル
使用燃料レギュラーガソリンレギュラーガソリン
燃費(JC08モード)19.2km/リットル34.4km/リットル

デミオSに割安感

40万円近い価格差

デミオの標準グレードは、ガソリンエンジンのデミオSになります。

一方、アクアの標準グレードは、いちばん人気のアクアSということで問題ないでしょう。

この2台を比べたとき、まず目につくのは、廉価グレードと同様に、価格差です。

デミオSは、アクアSよりも車両本体価格が40万円近く安いです。

もともと性格の異なるクルマですので、アクアのファンからすれば、このようにデミオと価格比較すること自体が意味のないことなのかもしれません。

デミオのファンからすれば、ずいぶん割安な値段でいいクルマを買えるのですから、ありがたいことだと思います。

走りはどちらもトップレベル

アクアSは上質な走り

デミオとアクアのパワートレインはシンプルなので、走りの面は、前述の廉価グレードと同じ比較結果となります。

ただ、アクアSは、廉価グレードのアクアLよりも造りこみがよく、走りが上質になっています。

インテリアがグレードアップしていることもあって、運転席に低重心で身を沈め、アクセル操作するときの気持ちよさは、アクアLとは別物です。

その代わり、充実装備で車両重量が重くなり、結果、燃費がアクアLより悪くなっています。

デミオS

デミオSも、余裕のある上質な走りです。

デミオのガソリンエンジンは、2018年の改良で1.3リットルから1.5リットルに格上げされた結果、本当によくなりました。

デミオには、デミオSをベースにして、より装備を充実させた「デミオSツーリング」「デミオSツーリング Lパッケージ」などの上級グレードがあります。

さらに特別限定車の「デミオSノーブルクリムゾン」「デミオSミストマルーン」などもあります。

そうした上級グレードでも、FFであれば、アクアS(1,886,760円)より安いですので、お気に入りの充実したデミオをゲットし、上質な走りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

話題のグレード 2. デミオS vs アクア クロスオーバー

 デミオXD(FF)アクア クロスオーバー(FF)
車両本体価格1,814,400円2,052,000円
エンジン直列4気筒DOHC16バルブ・ディーゼルターボ直列4気筒+モーター
総排気量1,498cc1,496cc
最大出力105ps(77kW)/4,000rpm74ps(54kW)/4,800rpm、モーターは61ps(45kW)
最大トルク25.5kg・m(250N・m)/1,500~2,500rpm11.3kg・m(111N・m)/3,600~4,400rpm、モーターは17.2kg・m(169N・m)
トランスミッション6ATCVT(無段変速車)
燃料タンク容量44リットル36リットル
使用燃料軽油レギュラーガソリン
燃費(JC08モード)26.4km/リットル34.4km/リットル

クロスオーバーは人気のSUV風

次に、デミオとアクアの個性的なグレードで比較してみることにしましょう。

デミオでいちばんオリジナリティーの高いモデルとしては、ディーゼルターボエンジン搭載のデミオXDが挙げられます。

このモデルは、低中回転域からパワーもあります。

一方、アクアには、最上級グレードのアクアG、アクアGソフトレザーセレクション、アクアG GRスポーツ、アクア クロスオーバーなどがあります。

好みによって選べるという点では、アクアのほうが上です。

このなかから、最近のSUV人気に対応しているアクア クロスオーバーをとりあげることにしてみましょう。

クロスオーバーは、外観がSUV風でカッコいいです。

このクルマは、ほかのアクアよりも最低地上高を30mm上げています。

だから運転席からの視界がいいです。

全幅は1715mm。

5ナンバー規格からはみ出しました。

それでは、さっそく比較していくことにしましょう。

燃料代ではデミオXDも健闘

デミオXDは燃費がいいです。

もちろん、アクアほどではありません。

けれどもデミオXDは値段の安い軽油で走りますから、燃料代ではかなり健闘します。

デミオXDに割安感

価格面では、デミオXDのほうがアクア クロスオーバーよりも20万円以上安いです。

もしろん、アクア クロスオーバーはデザインに新鮮味があり、人気があります。

外装に専用パーツが使われ、タイヤのインチ数もサイズアップしていて特別感があります。

けれども、デミオXDとの価格差を考えると、デミオXDのほうがお薦めの感があります。

もしあなたがデミオを気に入っているなら、デミオXDを有力候補にしていいと思います。

走りは、ほかのグレードと同様に、どちらも上質です。

アクア クロスオーバーは全幅が広く、タイヤも大きいことから、最小回転半径が5.4mになっています。

 

トヨタ・アクアに試乗するには…

カーシェアリングが安くてお薦め

デミオとアクアの乗り味の違いは、試乗することではっきりしてきます。

ディーラーで試乗してもいいのですが、助手席や後部座席に営業担当者が座っていると、アクセルを踏みこんだりしづらいですよね。

高速走行するチャンスもあまりなかったりします。

だから、私はカーシェアリングやレンタカーを利用することが多いです。

とくにカーシェアリングなら、15分200円ほどで乗ることができます。

トヨタ・アクアの場合、トヨタが独自に始めた下記のカーシェアリングサービスがとくにお薦めです。

TOYOTA SHARE

TOYOTA SHAREは、トヨタが東京都内の系列販売店などを拠点に、実験的に始めています。

アクアは15分150円で利用できます。

先進安全装備だけでなく、車内にWi-Fi環境まで整えている最新モデルに乗ることができます。

出発した店と別の店で返却する「ワンウェイ」も可能です。

トヨタは、この独自のカーシェアリングサービスを通じて、これからのクルマの利用法を探っています。

マーケティングも兼ねていますからリーズナブルです。

大手カーシェアリングサービス

トヨタのTOYOTA SHAREは、とても魅力的なサービスですが、利用できるエリアは東京を中心に、ごく一部に限られます。

そこで次にお薦めしたいのは、タイムズカーシェア、カレコ・カーシェアリングクラブ(略称=カレコ)、オリックスカーシェアなどの大手カーシェアリングサービスです。

アクアは人気車種なので、そろえているところが多いです。

これらのサービスを利用すれば、アクアのほかに、デミオなど、比較したいクルマにも乗れます。

高速走行なども試せますからお薦めです。

 

カーシェアリングについては、TOYOTA SHAREも含めて、親サイトの下記の記事でくわしくご紹介しております。

カーシェアリング徹底比較!個人向けサービスを駆使して豊かに暮らそう - コンパクトカーでいこう!
カーシェアリング徹底比較!個人向けサービスを駆使して豊かに暮らそう - コンパクトカーでいこう!

続きを見る

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

残りのライバル車についても下記のページからご覧いただけます。

 

 

 

こんな記事も読まれています

更新日:

Copyright© マツダ デミオ 徹底ガイド , 2019 All Rights Reserved.